実践する思考

教師としての日々の工夫・政治学徒の端くれとしての社会問題への所感など…

経済発展を支える根幹

あらゆる政権における課題に経済発展がある。それは古来から為政者が気にかけてきたことであった。現在のような高度な技術を必要とする産業と異なり、明治以前の日本における主要な産業は農業であった。開墾による生産面積の増加や収穫量の増加が経済発展に直結していたのである。今回は経済発展を支えるものは何なのかを考えてみたい。

 

平安時代の終わりごろ、大開墾時代が訪れた。畿内(現在の近畿地方)は温暖で早くから開墾が進む一方で、関東は低湿地帯で開墾があまり進んでいなかった。それが牛馬による耕作など農業技術の発展によって開墾が進み、収穫量が増加したのである。

 

また江戸時代の享保期(8代将軍吉宗の治世)には、大規模な新田開発が進められた。これによって全国の田の面積は江戸時代初期に比べて2倍になった。背景には、年貢の徴収方法が収穫高によって決まる検見法から毎年一定量の年貢を徴収する定免法に変わったことで、収穫量の増加が所得の増加につながったことがあるだろう。

 

ここで経済発展の原動力となったのは、収入の増加が大きい。しかし、根本的な支柱として私有財産権の保障があると思う。たとえば、前者の大開墾時代では墾田永年私財法によって新たに開墾した土地の永久私有が認められている。新たに土地を耕せば耕すほど、自分の土地が増えるのである。そして、それは収穫量、すなわち収入の増加を意味していた。また、後者の大規模な新田開発に際しても、新たに開墾した者はその土地の私有を認められていた。自分のものであるというお墨付きを得られるからこそ、苦労してでも開墾に励むわけだ。

 

そうした私有財産権を保障するのが国家をはじめとした統一的な権力である。平安時代においては朝廷が、江戸時代においては江戸幕府が所有権を保障していた。ただし、平安時代においては朝廷の影響力が地方にまで完全に行き届かず、そのため土地の所有者が野党などから土地を守る必要性が生じた。これが武士の起こりともいわれる。

 

現代においても、経済発展の根幹には私有財産権の保障がある。自らの稼ぎが奪われないという安心感があるからこそ、さらなる経済活動に邁進できるのだ。したがって、経済発展を支える根本的な柱は、所有権を保障する統一的な権力の存在だといえよう。