新卒教員の教科書

新卒教員の教科書

新卒のあの頃の自分へ向けたメッセージをつらつらと書いております。『新卒教員としてのオリジナルテキスト』をつくろうという試みによるブログ。社会科のこととかビビッときた本の書評とか日常生活のこととか。

MENU

哲学対話を授業でやってみた-準備編-

 

今回哲学対話を授業でやってみました。その様子についてはこちらをご覧ください。

www.yutorix.com

  

実施にあたって色々と準備をしたので、それについて書こうと思います。

 

 

哲学対話とは

ざっくり言えば、ある問いについてみんなで対話を通じて考えるというものです。

 

必要なモノ・こと

1.ルールの了解

対話が円滑に進むには参加者の間でルールが守られる必要があります。

スライドやプリントを用意して事前の共通認識を図るといいかと思います。

ぼくの場合はこんな感じでスライドを作りました。

f:id:europesan:20190223191941p:plain

思考を深めるための知的な環境整備ですから、この点は丁寧に説明した方がいいかと思います。

 

2.コミュニティボール

対話の間に話せるのはコミュニティボールを持っている人だけです。

さて、コミュニティボールとは何か?

f:id:europesan:20190223193217j:plain

この毛糸の玉です(写真はp4c-japanより引用)

対話中はコミュニティボールが大活躍します。

 

作り方はこちらのサイトを参照しました。

p4c-japan.com

対話の進め方など役に立つ情報もあるので、ぜひ参照ください。 

 

さて、コミュニティボールの材料は毛糸、結束バンド、筒

ダイソーでそろいます。ただ筒はなかったので紙ストローで代用しました。

20分くらいで1つ作れたかな…

 

僕は色のセンスが絶望的なのでイソギンチャクのような禍々しいボールができました。

 

参考になるサイト

ルールや運用についてはこちらのサイトが参考になるかと思います。

p4c-japan.com

 

こちらのブログは哲学対話の実践をされている方が書いています。私も何度となく参考にさせてもらいました。

p4c-essay.hatenadiary.jp

 

対話の枠組みはこちらの本を参照しました。おすすめです。

 


考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書) [ 梶谷真司 ]


www.yutorix.com