Shiras Civics

Shiras Civics

「大人のための倫理、政治・経済」というテーマで色々書いてます。政経や倫理の講義、大学(中学)受験、書評、キャリア教育、社会科教育、時事問題、教師の日常などなどを発信してます。

MENU

「正直に言いなさい」という道徳と、黙秘権という憲法の乖離

 

※随筆です。

 

Investigation

 

人は過ちを犯す生き物である。

誰しも一度は悪事を働いただろう。

それが明るみになったとき、親や先生から「正直に言いなさい」と諭されて育ってきた人は多い。

正直に述べ、そして反省することは望ましいこととされてきた。

そして、大人になっても「正直であること」は美徳とされる。

 

生育過程で何度となく繰り返されてきた規範は、心の奥底に沁みついてしまう。

素朴な道徳感情は、カントの言う「実践理性」のように、人々の行動を縛るものであるから、大人になっても一定の影響力を持っている。

 

しかし、日本国憲法にはそれと相反する規定がある。

 

日本国憲法第38条第3項にはこう書いてある。

 

第38条第3項 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

 

「黙秘権」という形で、真犯人であれ、被疑者・被告人には黙っていることが権利として認められているのである。

 

こうした司法社会でのロジックと、日常生活でのロジックの乖離は、どうやって埋めるべきなのだろうか。

 

それが学校であって、特に公民科における憲法教育なのだろう。