Shiras Civics

Shiras Civics

「大人のための倫理、政治・経済」というテーマで色々書いてます。政経や倫理の講義、大学(中学)受験、書評、キャリア教育、社会科教育、時事問題、教師の日常などなどを発信してます。

MENU

本が積み重なっていく悩み

 

教員の悩みの一つは書籍の購入頻度の多さと、それに比例して消えゆく収容スペースの存在だと思う。

かくいう私も当事者の一人である。

 

 

興味をそそる本が出る出る

 

book store, late night

 

出版不況といわれて久しい。

一方で出版社は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の精神で、新刊を毎月数冊と出版している。

「何じゃこりゃ!」という本はあるけれども、「これは!!」という本が多いのも事実である。

 

たとえば、1月の新書の新刊ラインナップはこんな感じ。

 

岩波新書

 

中公新書

 

講談社現代新書

 

ちくま新書

 

たまる積読、膨らむ本棚

 

1月の新刊だけでも5冊購入している。

 

毎月のことであるが、なんという魅力的なタイトルだろうか。

こうして毎月のごとく、タイトルにつられてはキャパシティと相談もせず購入して、本棚の肥やしにしてしまうのである。

 

Book store.

 

本屋をぶらぶらすることは、この上なく幸福である。

立ち読みしたり、気になる本をチェックしている間は至福の時間なのだ。

そして、気づけば手元には購入済みの本がある。

こうしてどんどんと積読がたまっていく。

 

ただ幸いなことは、手元に置いておくことで「読みたい」という気持ちをいつでも思い起こせることだ。

3年前に買った本でも手軽にすぐ読めるのは非常に便利だと思う。

と、こんなふうに積読の正当化をしておこう。

来月もきっと買うのだから。。。

 

(先生方の書籍事情はどうなのだろうか。)

 

情報収集のために

出版社のアカウントをフォローすると毎月の新刊情報を教えてくれます。

アンテナを高める上でも、フォローおすすめです。

 

それでは。

 

www.yutorix.com

www.yutorix.com